ブログトップ

ひとり写真部~カメラのこんちくしょー~

anachro8.exblog.jp

ねぇ、君は一体何がしたいの・・・?

こんばんは。

写真を撮るようになってからしばらく経ちますが、
いっこうに上手になる気配がありません・・・

こいつは一体どうしたことだ??



e0147575_2135574.jpg

**くろたまご**

e0147575_2140236.jpg

**山**

e0147575_21403521.jpg

**しゃぼんしゃぼん**


撮り終えた写真を確認すると、
「・・・?。一体何が撮りたかったんだろう??」
と、思う事がよくある。

風景を見ているその時は、目の前の雄大さだったり繊細さだったり美しさだったり
驚きだったりが、びっくりするくらいに溢れているのに、
自分の撮った写真にはその感動の数%も切り取れていない。
はたまた、秩序のある美しさを、写真にすることでぐちゃぐちゃにしてしまう。
エントロピーが増大してしまう。

これは一体何が原因だい?

曖昧さが原因かい?

素人さんでも、写真が本当に上手な人がいっぱいいらっしゃる。
その人たちと俺の差は一体なんでございましょう?

「写真」は「真」を「写す」と良く言われますが、
「真」とはどういうことだろう?

目の前の「目の画角内のありのままの情報」なのか、
ある空間の隠れた「本当の美しさ」なのか、
あるいは、カメラマンの「本当の気持ち」なのか・・・。

カメラマンが見た風景に対して、美しいと思う対象が漠然としていれば、
やはり写真は漠然としたものとなるのかな?

となると、
俺の写真が下手くそな理由は
「心が定まっていないのに、若しくは、本当は感じていないのにレリーズを切る」
ことか・・・?

それを克服するには、主体性と自分で決めた価値基準が必要だ。

それはつまり、「生き方」にも繋がってくる気がする。(←大げさ)

俺は一体何がしたいのか・・・?

その瞬間は、本当に瞬間に去ってしまうから。

そんなことを考えながら、今日もカメラをぶら下げて歩きます。


今日も、ひとり写真部に訪れてくれて、ありがとう。
[PR]
by analog-system | 2009-01-21 21:54 | Richo GX100
<< a tempo もとの速さで・・・ りりりり~ん  り~ん >>